生活のプライバシーを守る為に盗聴調査を行いましょう

盗聴に気をつけよう

男の人

盗聴や盗撮は、いつ、誰に、何の目的で盗聴や盗撮をされているか分からない、女性にとって最も卑劣な犯罪のひとつと言っても過言ではありません。中には、営利目的でこれらの犯罪が行われたり、インターネットに画像や映像が流れて全世界にあっという間に広がったりして、大変な社会問題です。盗聴器や盗撮カメラは、電気街などで「送信機」や「情報通信機」として販売され、安価な値段と一見それらに見えないような製品と小型化で、簡単にみつかるようなものではありません。いつの間にか、コンセントやテーブルタップに盗聴器を組み込んだものや、壁を通して直接会話を盗み聞くコンクリートマイクがその例です。コンセントやテーブルタップに仕掛けられる盗聴器は、いつの間にか仕掛けられていたり、元々あったものの中に仕掛けたりして、盗聴器発見されないようにされています。盗聴器や盗撮カメラは、工事業者などを装って機器を設置したり、留守を狙って忍び込んで設置したりと、さまざまな方法で設置されます。不用意に人を部屋に入れない、見覚えがないものが部屋にある時はすぐに撤去するといった心がけが大切です。それから、盗聴調査を専門とする方に依頼することも対策になります。また、引越ししてきて、部屋に残っているコンセントやテーブルタップなどは、使用しない方がいいでしょう。盗聴や盗撮は、人のプライバシーを侵害する行為です。そのため、警察に訴えでることで、刑事告訴することが可能です。盗撮や盗聴の問題があるという時は盗聴調査を行うとよいでしょう。

様々な場面で使われている

男女

gpsは人工衛星を通して、特定の位置を知ることが出来る機能です。子どもの防犯のために携帯電話などにも機能として取り付けられていることも多いのですが、浮気調査など様々な目的でも使用されています。

もっと見る

通販でレンタルができる

GPS

カーナビゲーションやスマートフォンなどにも機能としてあるgpsは色々な場面で使用されています。そのため、子どもの安全を守る為に使用されたり、場合によっては浮気調査で使用することもあります。

もっと見る

タイプが様々ある

男性

gps機能はバスやタクシー、飛行機などの乗り物でも使用されています。また、本体の種類も多く小さいものではボールペンタイプのものまであり、浮気調査などでも使用されることがあります。

もっと見る